寂しいので誰か友達になってください。

ゲイで元うつ病、高校留年、慢性疲労症候群の介護職、毒親持ち30代男が綴るブログ。

お金にはならないけれども、価値のあるもの

不景気や格差のせいで、誰もがお金を得ることが難しい時代に入ってきた。

「お金にならないけれども、価値のあるもの」が『お金の世界を超える』のかも。

f:id:masimaro_maro:20170523185635j:plain

 

元ニートのphaさん、 

共育学舎の三枝さん

山奥ニートのばなしーさん

 

お金の世界にはどっぷり浸かっていないけれども

人のニーズをとらえ、

必要なものを得て、

人が必要とするものを提供している。

 

 

「甲斐性」という言葉があるが

一般的に男性に用いるときは

経済力のことをいうが、

彼らは、人の必要とするものを

人に提供して、相手を満足させている。

彼らは甲斐性のある人だと

いえるのではないだろうか。

 

 

そういえば共育学舎の三枝さん

「相手を満足させる」ことが大事

みたいなことを言っていたな〜。

 

 

貨幣価値の高いものが、喜ばれることも多いが

お金にできない価値が人を引きつけることもある。

可能性はそこにあるのでは?

それが逆に、貨幣価値を生み出すことにも

繋がる気がするのだ。